RSS icon Email icon
  • イスカンダルプロジェクトとは?

    イスカンダル開発区プロジェクト(IDR) は、ジョホール州南部を対象とした開発計画です。
    その対象地域はシンガポールの面積の2.5~3 倍で、電気・電子や石油化学など既存の産業を強化するだけでなく、金融や教育といった新規産業の形成も目的としています。

    また、それらに併せて居住地域・レジャーの開発も含まれるなど、大規模都市計画となっています。

    ・開発期間: 2006~2026年
    ・対象地域:ジョホール州南部、 2,217k㎡ (シンガポールの2.5~3倍)
    ・投資規模:第 9 次マレーシア計画( 9MP、2006~2010年)期間で596 億リンギ
    (予定では 470億リンギであったので、想定以上に資金が入ていることになる)

    ・基本方針
    (a)地理的な利点を生かした開発(セナイ空港やタンジュ・ペレパスど、運輸施設 を生かして、同地域のロジスティク・ハブ化目指た開発)
    (b)教育を通じた人的資源の成(ヌサジャヤ地区に国際レベル高等機関を設置する等により、人材育成図)
    (c)周辺地域に配慮したバランスの取れ開発(ジョホール州みならず、周辺地域に波及効果がぶ開発)
    (d)公共交通機関やリクレーション施設の整備、開発による生活ベル向上(住宅開発、高速道路の建設等により民生活レベル向上)
    (e)計画の円滑な実行(イスカンダル開発庁、南部ジョホール投資会社等の設立)

    A ●ジョホール・バを中心とした開発

    ・金融ハブなどビジネスの中心街 ・ウォータフロント開発
    ・テブラウ地区の開発 ・コーズウェイ

    B ●ヌサジャヤを中心とした開発

    ・新行政地区の開発・ハーバー、リゾート開発
    ・教育都市(Educity)
    ・工業、ロジスティック産業の集積

    C ●西部地域の開発

    ・タンジュン・ペレパス港・FTZ
    ・マレーシアとシンガポールの「セカンドリンク」
    ・ラムサール・ヘリテージ・パーク(環境)

    D ●東部地域の開発

    ・パシル・グダン港 ・地域物流センター
    ・タンジュン・ランサット・テクノロジーパーク

    E ●セナイ~スクダイ地域の開発

    ・セナイ国際空港を中心とした製造業とサービスの強化・セナイ・カーゴ・ハブ
    ・スクダイ・ナレッジ・ハブ・ハイテクパー